ちょっとSなおねえさん(♂)に男の子が掘られる話 レビュー!男姉ちゃん×ショタ!最強の和姦おねショタ(男×男)と言えばこれだ!

エロ同人

ちょっとSなおねえさん(♂)に男の子が掘られる話の内容をざっくり言うと…

「男姉ちゃんに虐められたい!」

「ショタが男姉ちゃんに掘られるのが見たい!」

おね♂ショタ逆アナルが味わえるエロ漫画です。

ドSな男姉ちゃんに掘られるショタが見たい方なら「ちょっとSなおねえさん(♂)に男の子が掘られる話」は大満足でしょう。

そして何より!じわじわと逃げ場を無くしていく言葉責めがたまらなくエロい!

ドSな男の娘の言葉責めに興奮するドM紳士ならアナルがキュンキュンしちゃう可能性大(笑)

ちょっとSなおねえさん(♂)に男の子が掘られる話のストーリーは?

物語は年上女性に告白したい少年が、年上の男姉ちゃんの家で相談します。

しかしそれにやきもちを焼いた男姉ちゃんが、少年を性的に攻め始めます。

「まずは女の子の気持ちになってみないとわからないだろ」と少年を性的な調教を始めます。

乳首を触られチンポを扱かれて、オナニーの回数を聞かれて、その反応でMだと見抜かれます。

感じている少年の反応に興奮した男姉ちゃんは、我慢出来なくなったのかエスカレート…

少年にキスをし、アナルを指で弄って、その反応を楽しんでいるかのようです。

そして我慢が出来なくなった男姉ちゃんは少年の倍以上の大きな男性器を取り出します。

驚く少年の事など無視し、興奮した男姉ちゃんは自分のモノを正常位でぶち込んでしまいます。

アナルを掘りながらも言葉責めは続き、反応を聞かれ、少年も答えています。

どんどん素直になって、男姉ちゃんから心も逃げられなくなっていく少年が最高です。

アナルの快楽と言葉責めで身も心もトロトロにされちゃった感が伝わってきます。

色々な体位で掘られていますが、がっつり本気で掘られてる感じが伝わってとてもエロいですね。

男姉ちゃんは一度の中出しじゃ我慢出来ず、ちょっと休憩してからまた少年を掘ってます。

最後は「やりすぎましたと」男姉ちゃんが謝り、ショタと仲直りして終わります。

ちょっとSなおねえさん(♂)に男の子が掘られる話のプレイ内容は?

和姦と聞くとソフトなイメージを抱くかも知れません。

しかし、作者様がショタレイプモノを描かれているからでしょうか、男姉ちゃんの言葉責めや、精神的な追い詰め方が上手過ぎてとても素晴らしい!

遊び感覚で「はい逆アナルやって終わり!」ではなく…まるで糸で絡めとられるかのように逃げ場を失っていきショタは素直にされていきメス化します。

最初は嫌がっていたにもかかわらず、彼の言葉責めと愛撫により、自分から気持ちいいと言い、アナルへ彼の男性器を求め、感じています。

特にショタの「気持ち良いの全部バレてるんだ」「隠し事なんて出来ない」と心の中で思い込み逃げ場を失っていく感じがたまらなかったです。

同時にそんなショタの気持ちを見抜いて面白がって責める、Sな男姉ちゃんも最高です。

心も体もメス堕ちさせられたショタの表情、男姉ちゃんの興奮した表情も良かったです。

逆アナルシーンもたっぷりあって、指でのアナル責めや言葉責めで素直になったショタアナルにぶち込みます。

正常位、バック、膝立ちバック(?)的な体位でガン掘りされており、中出しもされてます。

逆アナルのページも半分ぐらいあり、ガッツリ掘られてますので、逆アナル好きにもお勧め!

「ドS男姉ちゃん×ショタ」あまり見ない為、増えてくれて嬉しいです。

ちなみに逆アナルシーンでは男姉ちゃんはストッキング以外脱ぎます。

ただ脱いでも女の子っぽい体つきで顔も可愛いので男っぽい感じはしませんでした。

そして男姉ちゃん側もどうやらこのMショタに気があり、興奮している感じが伝わります。

Mショタの心の声的なのも感情がよく伝わってエロいですね。素晴らしいと思います。

とはいえ、レイプではなく合意の上でのエッチなのですが、メスに堕とされる過程がエロ過ぎます!

ちょっとSなおねえさん(♂)に男の子が掘られる話の結論・まとめ

プレイ内容のまとめ

ショタが男姉ちゃんに乳首とち〇ぽを責められる
男姉ちゃんに言葉責めされながら乳首とち〇ぽを責められショタが射精
キスされた後、アナルに指を突っ込まれて、乳首を舐められる
ストッキング以外脱いだ男姉ちゃんに勃起した極太ちんぽを見せつけられる
正常位でちんぽをぶち込まれ、両乳首を指で摘ままれて弄られる
背中を向け枕に抱を持ったショタが男姉ちゃんにガン掘りされる
膝立ちしたショタが男姉ちゃんに後ろから掘られ、ちんぽと乳首を触られながら射精
休憩後、腕を掴まれ、ガン掘りされて中に出されてしまう

男姉ちゃんにショタが攻められる話が好きな方にお勧めの貴重な作品です。

コメント