少女連鎖2-童貞少年・快楽責め-レビュー

エロゲー

少女連鎖2-童貞少年・快楽責め-レビュー

 

前作でまゆら達に調教を受けた青年・彰宏も、
いまやすっかり屋敷の一員となったある日。
屋敷の主・まゆらは、再び誰かを自らの元に招こうと決める。
選ばれたのは、かつて彰宏が家庭教師を勤めていた少年・晴樹。
支配者たる少女・まゆら、ふたなりのメイド・由梨江、
M気質のペット・恵美、そして倒錯に堕ちた青年・彰宏。
そんな屋敷の住人達によって、晴樹の幼い性に異常な体験が刻み込まれていく……。

 

少女連鎖2-童貞少年・快楽責め-感想

 

前作よりもさらにM役が増えて、シチュも増えたMゲーです。

個人的に遊んでみた感想としてはショタキャラが追加されたのでこっちのほうがハードかな?

 

ただ、まゆら様がショタに責められるシーンが1シーン、主人公がショタに責められるシーンも2シーンぐらいあった記憶があるので苦手は人は注意。

 

前作よりハードだと思う根拠は、ショタキャラが生意気なので怒らせて酷い目にあわされるシーンがあるからです。

 

特に力の強いメイドさんに、ショタキャラではなすすべがなく、ごっこ遊びではなく、本気で犯されてると言った感じのシーンが出てきます。

 

個人的な好みも、青年受けより、おねショタのほうが好きなので、2のほうが好きですね。

 

責めの内容も前作よりもハードになっていますし。

 

コメント